えすぷらんロゴ


きずな授業 佐山小学校からのお手紙

HOME > 軌跡 > 日誌 > きずな授業 佐山小学校からのお手紙
佐山小学校

きずな授業 佐山小学校からのお手紙

11月19日から21日に、山口市教育委員会のご協力のもと「きずな」授業で学校を訪問いたしました。
山口県の歴史、楽曲「きずな」の世界観をLE VELVETSの歌声に乗せてお届けしました。

授業を受け、お手紙をいただきましたので一通佐山小学校の先生方からのお手紙をご紹介いたします。

 

拝啓 晩秋の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
さて、山口きずな音楽祭 LE VELVETS学校訪問「歌のきずな授業」の際には、ご多用中にもかかわらず、すばらしい演奏をご披露いただき、誠にありがとうございました。

豊かな声量や音域の広さ、そして何より、4人のハーモニーの心地よさに児童は衝撃を受けたようでした。また、大内氏とサビエルとのきずなが今もつながっていることや、歌を通してきずなを結ぶことの大切さなどのお話も大変興味深いものでした。
このような素晴らしい音楽にふれることは、子どもたちの音楽への関心を高めるとともに、多様な音楽のすばらしさにも気づくことにもつながると改めて感じました。大変貴重で心に残る時間を過ごすことができました。これからも音楽のすばらしさにふれる学習を深めてまいりたいと思います。

今後のさらなるご活躍を祈念いたしております。
まずは、略儀ながら書中をもってお礼申し上げます。       敬 具

令和元年11月28日

LE VELVETS様
山口きずな音楽祭プロジェクト様
山口市立佐山小学校
校長  多賀谷 克己
職員一同